うれしい楽しいお弁当

marinoheya.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 20日

脇屋シェフの餃子♪

私が作る餃子、いつもイマイチだな~と悩んでいました。
だからと言って研究するわけでもなく、いつも餃子の皮の後ろに印刷されている
分量で作っていたので、当然進歩するわけもなく(^_^;
それでも心の片隅にはおいしい餃子を作れるようになりたい!という秘めた思い(苦笑)は
持ち続けていました。

昨日テレビをつけていたら、なんとおいしい餃子の作り方というトピックが出てきて
シェフはなんとあの脇屋さん!
もしかして私の悩みが解消されるかも、と期待に胸を膨らみました^^

レシピはコチラです。

早速作ってみました。
以下はいくつかの驚きポイント。

①最初に豚を練るときに砂糖を入れると旨みが引き出される

②あんにオイスターソースを入れる

③あんに昆布だしゼリーを加える

④餃子を焼く前に一度蒸す

一番びっくりしたのが③の昆布だしゼリーでした。
文字通り昆布だしをゼリーで固めたものをあみで漉してから
あんに加えます。
昆布だしと豚肉あんの相性が抜群なんだそう。


ゼリーを入りとは驚きましたが、少し前にテレビでショウロンポウとは
コラーゲンをゼラチンで固めたものが入った点心、と言っていたので
それが思い浮かび、納得しました。

b0182746_9144953.jpg


まずは蒸篭で5分蒸して・・・

b0182746_9154165.jpg



強火で2分ほど焼いたら出来上がり。


最初の一口を食べた娘の第一声、「もっちりしている!」
お~、よく分かったね!それが狙いなのよ!(爆)

このあん、かなり気に入りました。
今まで入れていなかった旨み成分がいくつもプラスされているわけですから
そりゃあおいしいわけです。
私はこんぶ茶もプラスしました。

ゼリーの効果は絶大。
ショウロンポウに通じるジュワ~な肉汁加減。
そうそう、残念ながらレシピにはゼリーの詳しい作り方や分量が書かれていません><
餃子50個分に対して100ccくらいのゼリーを入れました。
どのくらいが適当なのかは何度か作らないとわかりませんね。

焼き方に関しては普段の焼き方も脇屋流もそれぞれの良さがあると思うので
次回は脇屋さんのあんレシピで通常の焼き方、を試してみたいと思います!


読んで下さってありがとうございます!

1日一回のクリックで順位がアップします。
クリックして頂けるとうれしいです♪

    ↓


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
[PR]

by dining--kitchen | 2010-04-20 09:42 | 挽肉


<< ヘルシービビンバ丼      豚とエリンギのゴマパスタ >>